【甲子園の名シーン】あの衝撃をもう一度!松井裕樹投手 大会新記録の22奪三振ぜんぶ見せ

2012年夏の甲子園、当時2年生エースだった桐光学園の松井裕樹が衝撃の奪三振ショーを展開し、一躍スターダムに躍り出た。

左腕から繰り出す140キロ台中盤のストレートに、ボールが消えると形容される高速スライダーは、「プロでもすぐに通用する」「高校生で打つのは至難の業」と言われる超高校級レベルだった。

残念ながら3年夏の甲子園には出場出来なかったが、入団する楽天イーグルスでは即戦力としての期待もかかる。

そんな松井裕樹投手が甲子園で見せたベストピッチングといえば、一試合22奪三振の大会記録を作った試合だろう。

今回は、衝撃の奪三振ショーをすべてまとめた動画をご紹介。
このスライダーにプロのバッターがバンバン空振りするシーンを早く見たい!



この動画がスゴいと思ったらシェア


Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>