【君を忘れない】元中日ドラゴンズ井端選手の伝説守備に実況「なんという井端!」

2013年限りで中日を退団し、巨人への移籍が発表された井端選手。

言わずもがな、WBCで日本を窮地から救ったヒーローとして日本全国から注目をされた名選手である。

そんな井端選手の真骨頂はやはり守備だろう。
荒木選手との二遊間のコンビプレーも非常に有名だが、今回は井端選手のスゴさを示す伝説の守備動画を共有したい。

それは2008年のクライマックスシリーズという大舞台で起きた。
同点で迎えた終盤の8回、バックホーム体制で前進守備をしいていたショート井端のところに打球が。ゴロを捕球すると、とっさの判断で2塁ベースに向かい、ベースを踏んでから1塁に送球。6-6-3の見事なダブルプレーを完成させたのだ。

文字ではこのスゴさが伝わりづらいため、ぜひ動画をチェックして頂きたい。
このプレーに実況も思わず「なんという井端!」という名言を残したのだった。


この動画がスゴいと思ったらシェア!


Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>