【祝!野球殿堂入り】大魔神佐々木、全盛期のフォークがSUGEEEEE!!!

2014年1月17日に発表された平成26年度の野球殿堂。

大洋・横浜、大リーグマリナーズでクローザーとして日米通算381セーブを挙げた、大魔神こと佐々木主浩氏が見事殿堂入りを果たした。


そんな佐々木氏の最大の特徴といえば、とんでもない落差のフォークボール。

150km/hの剛速球とフォークの2球種だけでバッターを牛耳ったことが記憶に新しい。


さて、今回ご紹介する動画は1994年9月、ケガから復帰した広島戦でみせた圧巻の7者連続三振が収められたシーンだ。

全盛期の大魔神が投じるフォークの落差たるや・・驚くべき魔球だ。

バッターがフォークと分かっていても空振りしているのがよく分かる。

この動画がスゴいと思ったらシェア


Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>