【衝撃バスケ動画】一人だけ異次元!元NBA田臥勇太選手の高校時代が天才すぎる

日本バスケットボール界の至宝、田臥勇太選手。

現在、日本バスケットボールリーグのリンク栃木ブレックスに所属する田臥選手。
幾度の挑戦を経て、日本人初のNBAプレーヤーとして2004年にフェニックス・サンズに入団し、念願のコートに立った。

能代工時代に史上初の3年連続3冠という偉業を達成し、日本人で初めて世界ジュニア選抜に入るなど、常に日本バスケット界の先頭として走ってきた偉大な選手だ。


身長173cmとバスケットボール選手としてはかなり小さな体ながら、大きな選手の間をすり抜ける圧倒的なスピード、類い稀なパスセンス、それに得点能力を兼ね備えた万能ポイントガードだ。


今回ご紹介する動画は、3年連続3冠の締めくくりとなる1998年度のウィンターカップ決勝、対市立船橋戦で見せた田臥選手のスーパープレー集である。

縦横無尽にコートを駆け巡り、次々とシュートを決める様子はまさに「自由自在」。

高校時代の田臥選手はもう、天才としか言いようがない。



この動画がスゴいと思ったらシェア!


Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>