【甲子園】漫画を越えたありえへん展開!88回選手権大会(準々決勝)智弁和歌山対帝京

【甲子園】漫画を越えたありえへん展開!88回選手権大会(準々決勝)智弁和歌山対帝京

ハンカチVSマー君の決勝ばかりがクローズアップされ、影に隠れがちな試合だが、
88回選手権大会の準々決勝、智弁和歌山対帝京の一戦はまさに、「漫画を越えたありえへん展開」だ。

登場人物をおさらいしよう。

<智辯>
橋本良平(元タイガース 昨シーズンを最後に戦力外)・・・4番で正捕手の大黒柱
<帝京>
大田阿斗里(現ベイスターズ)・・・2年で同じ2年の左の垣ヶ原とのダブルエース
中村(現ソフトバンク)・・・2年で帝京の中距離型の4番ファースト
杉谷拳士(現日ハム)・・・1年ながらレギュラー

そのドラマチックすぎる展開について、ダラダラ文章を書いても仕方無いので、
9回表と9回裏それぞれの動画を共有しよう。


9回表



9回裏



Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>