【衝撃F1動画】ミハエル・シューマッハが大激怒!その理由とは?

1998年のベルギーグランプリ。


クルサード(マクラーレン)を周回遅れにしようとしたトップを走行中のシューマッハ(フェラーリ)は、大雨の中でクルサードに激突してリタイアになってしまう。


しかし、シューマッハはクルサードが故意にブレーキングして、事故を誘発したとしてピットに車を停めるとそのままマクラーレンのピットへ。


大激怒したシューマッハを止められる人間は、もはや誰もいなかった。






この動画がスゴいと思ったらシェア!


Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>